守護華神が水神 火の神のテーマ

水神(すいじん)
~荒々しい一面、すべての命の始まり。険難と忍耐のシンボル。

悠久の大河と大海原~

【キーワード】

秩序・冷静・判断力・バランス・管理者

【テーマ役割】
・状況や環境に合わせた秩序を作り上げ、冷静な知恵と判断力で完璧なバランスを保っていく。
・命を育む深い愛情と理性をもって、ものごとを調整する。
・必要なものと必要なだけ、それを求めるところへと配分する。
・的確な判断と力加減を要求される管理者の立場に置かれやすい。
・人が見落としがちな大切な事柄をサポートする。


 

火の神(ひのかみ) ~闇を照らす一筋の希望の光。 知性と表現のシンボル。太陽~

【キーワード】

インテリジェンス・光をもたらす・表現力・感動を与える

【テーマ役割】
・インテリジェンスと真の正しさを表す。
・闇に一筋の光をもたらし、喜びを願う心と知性を持つ。
・真実を見抜きそれを的確な形で伝え表す。
・全身で人に訴えかけ、感銘を与える演技者のような役割がある。

 

メルマガ登録でもっと詳しく!

 
 
エネルギーバランスがとれているとき、偏っているときの特徴とバランスを取り戻すためのアドバイスはこちら♪


いいね:

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。